決算申告の依頼事例

1.webデザイン会社 Y社

会社を設立して第1期目
まだ十分な売上が無く税理士事務所に月次顧問を依頼する程の事務量もコスト負担の余裕も無い状況であった。
年商700万円程度。
PC操作に強く会計の知識も多少持ち合わせており会社で会計処理は行っていた。
依頼時にY氏処理の会計データをチェックすると若干の科目修正があった。
基本的な処理には問題が無く会計処理での科目修正が1時間程度で終了したため追加料金は無し。
料金規定通り「決算申告のみ」の場合の報酬料金84,000円での契約となり問題なく申告も完了する。

2.居酒屋経営 T社

以前までは顧問契約で税理士に依頼をしていたがコスト面と対応面で顧問契約を解除していた。
前期までの申告はその税理士に依頼して申告済みのだが期首から会計処理が手付かずの状態。
期首からの会計処理と決算申告すべてを依頼したいとのことだった。
年商は1,800万円程度
以前の税理士には年間で35万円程度の支払っていたとのこと。
現金商売であり領収書の枚数が多いので処理に手間がかかることを考慮頂いた。
決算申告・消費税の申告費用込みで231,000円での契約となった。
また次期の役員報酬の相談を受けた為、最も節税効果の高い役員報酬の設定金額をアドバイスした。

3.システム開発会社 K社

役員2名の会社
自分で会計処理と申告を行っていたが売上の増加に伴い独力での会計処理と申告に限界を感じ相談を受けた。
年商は2,000万円程度消費税申告有り。
一定の会計処理がなされていたが不完全なところも見受けられた。
また、決算対策での節税面でのアドバイスも欲しいとのことであった。合法的に出来る範囲の節税提案をした。
決算申告・消費税の申告費用込みで168,000円での契約となった。
順調に利益が出始め月次顧問でのアドバイスをもらいたいとの相談を受け、その後月次顧問契約を結ぶことになった。
会計処理のコストが増えたが会計処理の負担の減少や月次での節税アドバイス、社員採用時の労務面のアドバイスなど専門家に頼ってよかったというお言葉を頂いた。

4.通信販売・インターネットでの小売業 K社

通信販売・インターネットショップを運営している社長1人の会社
以前から年に1回だけ税理士に申告のみ依頼していたがインターネットに疎い年寄りの税理士だったため当事務所に相談問い合わせがあった。
年商は1,200万円程度消費税申告無し。
会計処理は会社で現金領収書をexcelで入力済の状況。売上もexcelで管理済。出店サイトの報告書で売上も一覧表となっていた。
当事務所で会計処理と決算申告のすべてを行い157,500円での契約となった。
相談に来た時は既に申告期限の10日前であったが、書類を素早く揃えてもらい当事務所で最優先に対応したため、1週間で申告完了となった。

5.水道工事会社 F社

個人事業から法人成りをした会社で1期目の申告での相談であった。
年商は3,000万円程度消費税申告無し。
まだ利益が出ていない為出来るだけ会計コストを落としたいとのこと。全く会計の知識がないのですべてお任せでの依頼であった。
料金規定より210,000円での契約となった。
仕事で忙しく土日での対応となった。
日中は現場にでているのでやり取りは主に携帯電話や携帯メールでのやり取りとなった。
届出書が全く出されておらず今回は白色申告となったが、当事務所で青色申告の承認申請書や給与支払事務所の届出、源泉所得税の納期の特例の届出などを行って来期からは青色申告で適正に申告出来る体制を整えた。

6.建設会社 H社
前年度から無申告の状態で、依頼内容は2期分の決算申告。
年商は9,000万円程度消費税申告有。
融資を受けている銀行から決算書類の提示を求められて困っており、2期分の決算申告を早急に行ってくれる税理士を探していたとのこと。
会計処理は前期、今期とも全く行っていない状態ですべて当事務所で会計処理、決算申告作業を行うこととなった。
2期分の申告をまとめて処理することを考慮して525,00円での契約となった。
書類を確認すると不明点や書類の紛失が目立ったが、対処法をこちらから伝え会計処理に必要な書類を揃えてもらう。
依頼から2週間程度で決算申告作業が終了し社長確認の後申告書を提出した。
決算後納税についての相談や融資についての相談を継続的に受けたいとのことで顧問契約を結ぶことととなった。

ご相談お問い合わせ

メールでのご相談問い合わせは下記フォームにご入力の上、送信ください。

お電話でのご相談は「03-3409-2191」までご連絡下さい。

《メールでお見積もりをご依頼のお客様》 
  下記の事項をお知らせ下さい。
  ①業種
  ②年商
  ③1ヵ月の大体の領収書枚数
  ④役員を含む社員数
  ⑤決算期
  ⑥会計処理の状況 会計処理未済 or 会計処理済 など
  
最後に「料金の見積もり希望」とご記入下さい。
上記の情報から大まかなお見積りが出来ます。

項目は必須項目ですので必ずご入力下さい。必須項目の入力が無いと「エラー」となってしまいます。