始めてホームページから税理士事務所を探そうとする場合に不安や疑問を抱かない方はいません。
よくある問い合わせの中で「これは聞きたいよなぁ」というご質問にお答えします。


Q.全く会計処理を行っていません。
領収書と請求書をファイルに整理しているだけですが大丈夫ですか?

A.大丈夫です。
業務に忙しく会計処理まで手が回らない事業者様が多くいらっしゃいます。お客様は領収書等の必要書類を用意するだけ申告に必要な手続きはすべてこちらで行います。
具体的な流れはこちらを参考下さい。→ 依頼の流れ


Q.昨年まで頼んでいた税理士がいますがどう断ったら良いですか?

A.良い断り方もレクチャー出来ます。事前にご相談下さい。


Q.会社を設立して1期目です。届出もまだしていません。どうしたら良いですか?

A.青色申告の届出書をしていないのはちょっと痛いですね。決算期末が到来してなければ来期から青色申告ができます。早めにご相談頂くことが肝心です。
 届出書の提出も申告報酬に含まれておりますので別途お客様の負担が発生することはありません。


Q.税金が心配です。出来るだけ早く処理してもらえますか?

A.書類さえ揃えば業務開始日から最短3日で処理が完了します。申告書が完全に出来上がっていない状態であっても概算で税金をお知らせできます。要は書類が素早く揃うかが勝負となります。


Q.節税は出来ますか?

A.はい。当事務所は税理士事務所です。単なる会計処理会社や事務代行会社ではありません。税務の専門家として適正な処理に基づき、節税になる方法を最大限考えた申告書を作成します。


Q.借入をする為に早く決算申告書を作って欲しいのですが可能ですか?別途料金はかかりますか?

A.借入をしたい。会社にとって資金は血液ですので事前に相談いただければ最速で仕上げることを保証します。特別早く決算申告業務を行うことについては別途料金は発生しません。但し、借入相談や資金繰り相談で別途時間を要する場合には別料金となってしまいます。
顧問契約に移行して頂くと融資の相談はすべて無料にてお受けできます。一度ご検討下さい。


Q.会計ソフトで処理をしたデータごともらうことはできますか?

A.できます。
打ち合わせ時にお申し出ください。


Q.前期の決算書類を紛失してしまったのですがどうしたら良いですか?

A.そういった場合でも対応します。
申告書を所轄税務署で閲覧するなど色々対処法があります。
少しお時間がかかる場合がございますのでお早めにご相談下さい。


Q.税務調査があった場合には対応してもらえますか?

A.はい。対応しております。当事務所の顧問契約のお客様同様に対応しております。


Q.中間申告への対応はして頂けますか?

A.はい。ご希望があれば対応します。


Q.年末調整を行っていなかったのですがどうしたら良いですか?
もちろん源泉徴収票もまったく作成しておりません。
法定調書や給与支払報告書、償却資産税の申告などの提出も一切行っていないのですが・・・・。

A.そうですね。これらの書類は提出が義務付けられているものなので遅れても提出しなければなりません。
まず源泉徴収票を作成しなければなりませんが、年末調整を遅れてするかどうかはその時の状況にもよります。
まずはご相談頂くことが先決です。


Q.税金の滞納をしてしまっています。ちなみに消費税です。如何したら良いですか?

A.一括で納めることが不可能であれば分割で納めるという方法もあります。
まず打ち合わせ時に予めご相談頂ければ納税方法に関して解り易くいくつかの方法をご説明致します。


Q.申告が間違っていたらどう対処してくれますか?

A.申告内容に税務上重大なミスがあれば修正申告や更正の請求については当事務所が責任を持って無料で行います。


Q.当社は自社で経理処理をしております。使用している会計ソフトが非常に古いものですが対応して頂けますか?

A.会計ソフトの基本的な使用法は大して変わりませんので対応はできますが、一度、会計ソフトの種類を確認させて頂きます。それから御引受けできるかどうかの確認を致します。